2009年11月02日

ネット検索で最も危険な日本の有名人は佐藤江梨子、男性は福山雅治

ネット検索で最も危険な日本の有名人は佐藤江梨子、男性は福山雅治
こんな発表のされ方だと本人も心外でしょうに。ある意味名誉なことだと思いますけどね。

意味不明な方へ↓元の記事はこちら↓
http://bcnranking.jp/news/0910/091026_15691.html

マカフィーは10月26日、「インターネット検索で最も危険な日本の有名人」が佐藤江梨子さんであることを発表した。

ネット上で誰をキーワードにして検索するとウイルスやスパイウェア、スパム、フィッシングなどで危険性の高いWebサイトに誘導されやすいかを調べたところ、「佐藤江梨子」「佐藤江梨子 ダウンロード」「佐藤江梨子 壁紙」「佐藤江梨子 スクリーンセーバー」「佐藤江梨子 画像」「佐藤江梨子動画」を検索した場合、オンライン脅威で「陽性」と判定された危険なWebサイトに誘導される可能性が、ほかの有名人に比べて高くなることがわかったという。

 サイバー犯罪者は、有名人の名前や画像を使って、最新情報、スクリーンセーバー、画像などを検索するインターネットユーザーを、マルウェアが仕掛けられた危険なダウンロードサイトに誘導することが多い。こうしたサイトにあるファイルを不用意にダウンロードしてしまうと、PCに深刻な被害を受ける危険性がある。そこで米マカフィーは、毎年ハリウッドスターなど「危険な有名人」を調査・発表している。

 今回、日本の有名人の名前でも調査を行ったところ、1位は佐藤江梨子、2位が京野ことみと米倉涼子、3位が相澤仁美、井上和香、沢尻エリカ、福山雅治、松浦亜弥という結果になった。

 ランキングを見ると、グラビア、ドラマ、CM、バラエティなど多方面で活躍している有名人の名前が並び、その多くを20代から30代の女性タレントが占めている。上位3人は過去に映画や雑誌、CMなどにおける刺激的な描写が話題となったことから、検索されていると予想される。なお、男性の有名人では、福山雅治さんが唯一ランクインした。

 同社では、セキュリティソフトのウイルス定義ファイルを常に更新しながら、継続的に使用することを強く勧めている。

マカフィーってこんなことしてるんですね。というか日本のランキングはウイルス、フィッシングサイトの作者の好みという気もしますが。
ラベル:ウイルス
【関連する記事】
posted by virusmania at 17:09| ウイルス・ウイルスソフト全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
無料ウイルス対策ソフト比較無料ウイルスソフト比較無料セキュリティソフト比較ウイルスチェック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。